名医と前立腺がん転移予防策



名医に前立腺がん転移を防ぐための方策を講じてもらうことは、患者の側からも口にしておいたほうがよいでしょう。
基本的には、病院側が考えることではありませんが、病状が深刻にならないうちに対策を立てることが急務ですし、自分の体のことなのですから、主体的な態度は欠かすことができません。

もちろん、転移は前立腺がん名医にとっても見過ごすことができないことですので、わざわざ言わなくても考えてくれることではありますが、治療方針を共有しておくことは、今後の闘病生活を送る上で重要なことです。
また、患者が情報をほしがっているというメッセージを送ることも、完治に向けて努力する気があるというアピールになります。
医師も人間である以上、やる気のない患者よりも、意識の高い患者を気にかけるというのは当然のことではないでしょうか。
病気を治すためにできることは、どんなささいなことでもやっておくべきなのです。

具体的な病状や転移について前立腺がん名医から説明を受けたら、不明点について遠慮せずに質問しましょう。
医学について素人なのですから、わからないことはたくさんあって当然です。
元々、その病気にかかるつもりなど微塵もなかったわけですから、深い知識などあるほうが不思議なくらいです。
病院だって、そのことは理解していますので、信頼できる医療機関は説明に時間を割いてくれるはずです。

転移について前立腺がん名医の方針が納得いかないのであれば、どうしてそう思うのかということを率直に伝えてください。
もちろん、子供ではないのですから、言い方はあくまで丁寧である必要はありますし、専門家としての相手の立場を尊重する必要はありますが、何も盲目的に信じる必要はありません。
どうしてそういう結論に至ったのか、疑問点は徹底的にぶつけて話し合ってみましょう。

それでも納得できないのであれば、名医に前立腺がん転移の予防策について、もう一度検討してほしいと頼み込むことも視野に入れる必要が出てきます。
医師は職業上治療行為をしているだけですが、患者は代わりのきかない自分の身体をかけているのです。
専門的な知識や技術の部分は病院に任せるほかありませんが、闘病生活を送る本人の方が切実さは圧倒的に多く抱えているのですから、遠慮はいりません。

風邪を引いたという程度のことで大騒ぎするのは困り者ですが、そうではないのです。
今後の暮らしを大きく左右するものである以上、転移を前立腺がん名医がどう捉えているか理解して、その考え方に賛同できるかどうか、自分の心にしっかりと問い掛けてみましょう。
もし望むような結果が出なかったとしても、ベストを尽くしたのだから仕方ないと納得できるかどうか、ということを基準としてみてはいかがでしょうか?

闘病生活の全てがうまくいくということはありませんし、名医でも前立腺がん転移を100%防げるわけではありません。
そうなった時に、もっと他の方法を取っていれば後悔したところで手遅れです。
事前に手を打ったかどうか、それが全てなのです。
過程は問われず、結果以外は考慮されない病魔との戦いにおいて、常にベストを尽くすことは大切な姿勢です。

主治医が名医なら前立腺がん転移は起こらないということなら幸せですが、現実にはそううまくはいきません。
プロ野球なら、打席にたって3回に1回打てれば打率の高いバッターということになりますが、それでも3回中2回は塁に出ることさえできないということです。
打率王争いに加わることができる一流の選手ですら、打ち損ねることの方が多いという現実は、日本の野球界でもアメリカの大リーグでも変わりません。

人間がやることである以上、転移を前立腺がん名医が防げる可能性も100%にはなりえないのです。
考えても見れば、コンスタントに結果を残すということは、人間にできるかどうかということ自体、疑問が残ります。
一般のサラリーマンであれば、それほど波もなく業務をこなしているような気もしますが、それは求められるハードル自体が比較的低めなことと、結果がはっきりしていないということに起因しているのかもしれません。

前立腺がん名医が転移を予防しようというのは、とても緻密な作業になります。
ぎりぎりのところでの戦いを行っているアスリートなどを見ていると、必ず好調と不調の波があります。
現在はサッカー日本代表の柱となっている中村俊輔選手でも、トルシエジャパン時代には代表落ちを経験しています。
監督による選手の評価が異なるという要因もありますが、シーズンごとに得点を重ねられたり、活躍が見られなかったりと違いがあることは否定できません。

名医による前立腺がん転移の予防も同じようなものだとしたら、患者としては運任せの部分も出てしまいます。
中村俊輔に限らず、高原でも小野伸二でも、常に活躍しているわけではなく、ダメなときはまるで活躍できていないという事実を見逃すことはできません。
神がかり的なプレーを見せる時と、試合に出した監督の采配ミスとしか思えないときと、明日はどうなるかは誰にも予想できません。

そうなってくると、あらかじめ患者が納得するまで名医が前立腺がん転移の対抗策について説明をするというのが、自然な流れではないでしょうか?
患者側としても、それを要求しておくことが必要なのです。
好調か不調かわからない相手に命を委ねるのですから、せめてもの予防線は張っておかなくてはならないという結論にたどり着くのは、自然な成り行きではないでしょうか。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

«  | HOME |  »

目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。