前立腺がんの痛み、我慢しない



前立腺がんの痛み、我慢しないというのは、CMで流れていた言葉です。
病気にかかっても、その苦痛を適切な形で表現するのは思いのほか難しいものです。
日本人は、前立腺がんの痛み、我慢しないという言葉を理解するのが苦手な国民かもしれません。

過度に自分の殻に閉じこもり、他人には思いのたけを伝えることを戸惑ってしまったり、反動で攻撃的に自分の苦しみを押し付けて周囲の人間を困らせてしまったりということになりがちなのではないかという気がします。
もともと、日本人は感情表現の豊かな民族というよりは、耐えて忍ぶ国民性を持っているのではないかと思います。
それは長年の歴史の中で培われてきた確かな美徳ではありますが、辛いときには耐えられなくなってしまうこともあります。

だからこそ、前立腺がんの痛み、我慢しないということが意味を持ってきます。
病気になったからといって、あなたは優遇されるわけでもありません。
驚くほどの無関心を周囲が露呈することだってありえるのです。
誰しも毎日を忙しく過ごし、余裕もないのだから仕方がないことでしょう。

前立腺がんの痛み、我慢しないというのは、そんな鈍感に対する対抗策でもあります。
周囲が気付いてくれないのなら、自分から働きかけるしかありません。
相手が察してくれると願うのは無理もないことですが、現実の厳しさを改めて思い知る必要などはありません。
避けられる困難は回避するに越したことはありません。

いくら、前立腺がんの痛み、我慢しないというキャッチコピーが流通したところで、苦痛は向こうから勝手にやってくるものです。
つまり、生きている限りは多かれ少なかれ共存せざるをえないのです。
それを自分ひとりの胸の内で抱え込むか、他人を巻き込んで少しだけ肩代わりをしてもらえるかという違いが、その本質になります。

「前立腺がんの痛み、我慢しない」
毎朝、そっと口にしてみるだけでもいいと思います。
いつだって、始めの一歩は小さなものです。
しかし、そのわずかな進化が、ゆくゆくは大きな格差を生み出すことになるのです。

1人孤独に老衰していくか、前立腺がん痛み、我慢しないで他の人にも理解してもらうかで、その後の人生は大きく様相を変えます。
暗闇の中に差し込んだわずかな光は、病気を完治させて輝く患者の姿かもしれません。
病院のベッドの上の生活に別れを告げて、勇ましく第二の人生をスタートさせる自分の姿を想像すると、どこか遠いもののようで、現実離れして感じるかもしれません。

しかし、人間は望むものにしかなれません。
悪い方向への転落はあっても、いつのまにか祭り上げられるということなど、歴史上そう頻繁には起こりえないものです。
前立腺がんの痛み、我慢しないというのは、ある意味で積極的に行動を起こすということです。

それは体力の落ちた患者にとっては、大きな負担になるかもしれません。
気力・体力ともにたくましい時代とは違うんだと、前立腺がんの痛み、我慢しないなんて言葉は受け流している人もいます。
間違っているとは思いません。
少なからず真実を含んでいるからです。

一方で、誤解を内包していることも否定できません。
過去を振り返ってみたところで、そこには何の意味もないからです。
―前立腺がんの痛み、我慢しない。
それは他人任せにしてしまおうという趣旨ではなく、将来に向けての闘病生活への取り組み方なのではないでしょうか?

超人ではないのですから、どんな困難にも耐えられるというわけではありません。
あまりに辛ければ、心が折れてしまいます。
そんな風になってしまう前に、前立腺がんの痛み、我慢しないということを肝に銘じて、主治医や家族、友人に思いのたけを打ち明けてみてはいかがでしょう?
案外、そんな何気ないところから、人生は進展していくのかもしれません。

相手だって、日々の暮らしに終われている要素はあります。
しかし、あなたが勇気を持って告白したのなら、耳を貸してくれるのではないでしょうか?
連帯感や人の温かさを信じることができれば、前立腺がんの痛み、我慢しないということは実行に落とし込めるはずです。

曲解しないでほしいのは、わがままになれということでは決してないということです。
生きていれば、どうしたって問題を抱えることになります。
命に関わる重病であっても、被害妄想に陥っては、相談される相手にとって迷惑なだけです。

健康であるだけでも、無邪気なものだと感じてしまうかもしれません。
前立腺がんの痛み、我慢しないで冷静に状況を把握、そして第三者の視点で自分を見つめることで、現状を客観視することができるというものです。
まだまだ健康への望みを捨てきれていないのなら、必死で生への執着を見せていいのです。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

前立腺がん治療の記録を残す



前立腺がん治療を病院側のカルテのようなものだけではなく、患者としての立場で記録を取ってみることにしました。
初めは日記のようなつもりでしたが、そこに大きな意味を見出せるようになってきました。
自分の闘病生活の足跡を残していると、勇気が湧くだけではなく、おかしな診断をされていないかという確認もできるので、保険にもなります。

患者側で自主的な取り組みを行うことは、前立腺がん治療の記録を取ることに限らず、自身になります。
相手は専門家であるからと、全てを病院に投げ打つのと、自分にできることを考えて実行するのとでは、自信の持ち方が違います。
自主的な取り組みには、その中で得られる自信というものがあります。

誰の指示があったわけでもなく、前立腺がん治療の記録を残そうと決意したのは、あくまで自分にできることを追及した結果でした。
日々の愚痴のようなものも無かったといえば嘘になります。
闘病生活は暗く険しい道ですから、華々しいエピソードの連続というわけにはいきません。

それでも自らの前立腺がん治療を思い返す道具として、記録は有用なものです。
名医や権威と呼ばれる医師たちが手を尽くしてくれたことを思い出すと、胸が温かくなります。
まるでバロック様式の建物に囲まれたルクセンブルクの街に降り立ったときのような不思議な高揚感を覚えます。

前立腺がん完治に至るまでの道のりは、決して生易しいものではありませんでした。
それでも諦めることなく歩んでこれたのは、決して自分ひとりの力ではなく、家族や友人、多くの知人の支えあってのものです。
名医や看護士、病院関係者の方たちの助けなくして、前立腺がん治療に前向きな気持ちを持つことはできなかったでしょう。

有名な女優がテレビドラマで見せた笑顔に、嘘よりも真実が隠されているような気がしたのは、自分が病気になって気が弱っていたからでしょうか。
若い人たちの青春というものがどういったものであるかなど、あまりにも遠い過去になってしまい、想像もできません。
少なくとも、前立腺がん治療に毎日頭を悩ませてなどはいないでしょう。

就職や進学のことで思い悩んでいたことなど、もはや遠い昔のことです。
新宿の高層ビルの下を歩き、都会の公園のベンチで体を休めることも、もうないのでしょう。
込み合った電車に乗ることも、前立腺がん治療に専念する今となっては、なくなっています。

日本の首都であるという以上の意味を、東京という街は持っているような気がします。
あの大都市で、100メートル走のように駆け抜けた日々が、今では懐かしく思い起こされます。
前立腺がん治療とはまるで無縁であった懐かしき過去は、記録によって、取り戻されつつある実感があります。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

前立腺がんの健康食品について



告知を受けてから、前立腺がんの健康食品について考える機会が増えました。
抗がん剤の副作用や、手術が失敗するリスクを考慮に入れると、それを伴わない治療方法というのは魅力的です。

健康食品で前立腺がんを完治させることができれば、わざわざ通院して陰気な病院で医師と定期的に顔を合わせる必要もなくなります。
日常生活をそのままにして、ただちょっと薬のようにカプセルを飲めばそれでよいというのなら、それにこしたことはありません。
抗生物質ではないということは、それだけ体にかかる負担が小さく済んで安心だということでもあります。

もっとも、全ての場合において万能ではないことは容易に察しがつきます。
どのようなケースにおいても前立腺がんを健康食品で完治させることができるというのならば、病院は今以上に経営破たんにさらされているでしょうし、こうも難病のレッテルを貼られることもないはずです。
当たるも八卦、外れるも八卦の占いの世界との違いはあるのでしょうか?

私見では、占いは統計学としてのものと、当てずっぽが半々に入り混じっているという印象ですが、前立腺がんの健康食品は、個人差と企業の差が大きいという違いがあるのではないかと分析しています。
つまり、占いはこれまでの情報の蓄積から未来を占う本格的なものから、ただ耳に心地よく響く歌い文句を綴っただけの安易なものまでが玉石混合ということです。
それに対して、前立腺がんの健康食品は、うまく患者の体質や病気の進行度合いにあえば健康に大きく寄与するものから、誇大広告によって目先の利益を最大化して後は逃げればいいというような悪質な業者による商品とが並存しているのではないかと思います。

悪いものは自然淘汰されていくというのは、ある一線ではもっともな意見なのですが、いくら淘汰されても新しい粗悪品が続々登場したのでは、元も子もありません。
実際、医薬品のように国の監視が行き届いていない以上、そういった悪質業者が後を絶たないことも否定できません。
しかし、あくまでも前立腺がんの健康食品であって、薬ではないという呼称を使っている以上、同じ基準での審査を期待するのは見当はずれなことでしょう。

トクホのように厳しい審査を潜り抜けて初めて認可されるものもありますが、それには莫大な時間と費用がかかります。
臨床研究には、人的・物的なコストをかけることを避けがたいですし、必ず認可が下りるという保障があるわけではありません。
それだけの危険を冒すことができるのは、資本力のある大手だけということになってしまうでしょう。

大手が狙うのは巨額の利益です。
規模の利益が発揮できないような小規模ビジネスを追及しても全社に波及する効果は望めません。
前立腺がんを健康食品で完治させられるとなれば、そこに広がるビジネスチャンスは大きなものです。
日本ばかりではなく、世界を視野に入れることもできます。

しかし、それが特定の患者にしか効能を発揮しないとなるとどうでしょう?
市場が狭まっていくため、大手製薬会社がその資本力をバックに参入してくる価値はなくなっていきます。
そうなってくると、事実上大手製薬会社しか参入できなくなるような規制の仕方は、患者にとっても望ましいものではないということになります。

中小企業でも、着眼点が優れていれば経営を成り立たせていけるような土壌を育成していくことが、国家の役割なのかもしれません。
前立腺がんの健康食品が登場することは、患者にとってはとても喜ばしいニュースです。
名医による手術や最先端医療も良いですが、副作用知らずということを考えれば、薬や手術を避けられるにこしたことはありません。

しかし、きちんと評価する公的機関がないために、信用を不当に妨害されているというのが、前立腺がんの健康食品の現状でもあります。
それを考えると、厚生労働省の介入があってもよいのかもしれません。
国の期間が認めたとなれば、それだけ慎重な手続きの元に認められたということになります。
それは患者にとって大きな安心感を与えてくれることにつながります。

それじゃなくても、我々は多くの不安や足元のおぼつかなさを抱えながら、日々を暮らしています。
確かな信頼感が得られるのであれば、それ自体に価値があることです。
健康食品で前立腺がんを完治させられる保障まで望むのは、あまりにも大人気ないとは理解できますが、少なくとも安全性の確認できているものであるということだけでも証明してもらえれば、疑心暗鬼にならずに飲むことができます。

わがままなことかもしれませんが、患者は医学について専門知識は持たないものです。
いくら病気を宣告されてから、必死で調べてみたところで、それは素人なりの調査でしかありません。
前立腺がんを健康食品で完治させられると甘い言葉で囁かれれば、それは心を乱します。
そういった弱くデリケートな部分に漬け込ませないためにも、国が一律で最低限安全であるという基準を設置し、運用していくべきではないでしょうか。

当然のことながら、前立腺がんの健康食品には、素晴らしいものもありません。
それによって命を救われた人もいるのです。
だからこそ、優れたものが見つかりやすい土壌作りが望まれるのです。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

前立腺がんの手術と名医について



告知を受けてから、前立腺がんの手術を名医に行ってもらいたいという思いが募りました。
このまま放置しておいていいはずがありません。
病気は進行していくものです。

前立腺がんの手術は一刻も早く行うことが得策であることは当然です。
ただ、執刀医は名医につとめてほしいものです。
ヤブ医者にひっかかってはたまりませんので、どうにかして権威と呼ばれるような優秀な医師のいる病院を探し出す必要があります。

世の中には、権威や名医と呼ばれるプロがいます。
しかし、それは一握りの限られた医師のみ、大部分はそうではないのです。
下手に前立腺がんの手術をしたところで、快方に向かうどころか悪化する可能性すらあります。

進行度合いによっては、転移が前立腺がん名医の能力でもコントロールしきれないほどの脅威になることもあります。
そのため、あらかじめ対策を立てておくことが、症状を悪化させないためにも、完治を目指すためにも重要な施策ということになります。

慎重な対応が必要になってくる一方で、迅速な対処も必要というのは簡単なことではありません。
適切なタイミングで前立腺がんの手術を名医に執刀してもらうためには、早く優秀な医師のいる病院を探し出すことが必要です。
早期発見の重要性はすでに世間に認知されているところですが、発見ができても対応できなくては何の意味もありません。

前立腺がんの手術は、むやみに行えばよいというものではありません。
身体にメスを入れるということは、それだけ大きな負担がかかるということです。
告知を受けても、抗がん剤等の投薬治療で済む場合もあります。

逆に、前立腺がんの手術に耐えうるだけの体力がなく、生命の危機を招いてしまう結果になるということもあります。
まずは必要かどうか、代替医療では済ませられないかということを冷静に診断してもらう必要があります。
診察の段階で適切な情報が得られないと、そのまま治療法もずれてきてしまうということです。

名医や権威でも、前立腺がんの手術を100%成功させられるものではありません。
手の施しようもない事態も存在します。
そうなれば、必然的に他の選択肢を増やしていくことを考えていくことになります。

健康なうちは、病気の告知を受けたらなどということは真剣に考えないものです。
しかし、いざ前立腺がんの手術が必要な事態になれば、そんな想いは一変します。
今までと同じ道を日光を浴びて歩いているのに、世界が暗雲に包まれているような錯覚に陥ったりといったことです。

世界のあり方は、それを認識するその人の心のあり方でもあります。
毎日を楽しく幸せに過ごすのも、憂鬱のうちに生涯を終えるのも、最終的にはその人自信の責任になります。
前立腺がんの手術一つとっても、それをどれだけ前向きに捉えられるかということは、患者側の責任になります。

権威や名医に出会えるかどうかも、患者の行動によるものです。
すべてを1人で抱え込む必要はありませんが、社会や病院にすべてを丸投げにするわけにもいきません。
それなりに設備の整った病院で前立腺がんの手術を名医や権威に執刀してもらうための調査は、あなた自身で行うか、誰かに依頼しなくてはならないのです。

告知を受け、闘病生活の中でそれを行うことは、楽なことではありません。
精神的なストレスも伴うものになるでしょう。
しかし、前立腺がんの手術を行うにも、実力のある医師がいなくては始まらないのです。

ただ毎日塞ぎ込んでいるだけでは、病気の進行を無意識のうちに受け入れているも同然です。
取るべき手立ては、前立腺がん手術だけではないはずです。
必要があるかないかを確認するためにも、セカンドオピニオンを受けてみたり、病院の評判を調べてみる必要があります。

人生に迷ってしまったとき、闇雲に足を進める必要はありませんが、いつまでもとどまっている余裕がないのも事実です。
考えてみてください。
何が前立腺がん手術のメリットであり、デメリットであるのか。
最新治療法でよりよい選択肢は、本当にないのでしょうか?

一刻も早く前立腺がん手術に踏み切ることが求められるシチュエーションもあれば、名医の最新治療法が必要なケースもあります。
それを見誤りたくはないものですが、患者としてはそのさじ加減を理解することは困難です。
医学について素人である以上、プロフェッショナルの支援を求めることが得策でしょう。

一言でこれが最善の方法と断言することが出来ればいいのですが、現実はそんなに単純なものではありません。
完治を保障できるような治療法法はありませんし、延命の妨げになってしまう可能性すらあります。
前立腺がんの手術は諸刃の剣としての側面を持っています。

自分の人生に何を求めるかということを明確にした上で、名医に相談を持ち掛けましょう。
治療法として、前立腺がん手術は有力な選択肢の一つには間違いありません。
だからこそ、その情報収集を怠ってはいけないのです。

趣味を楽しんだり、家族との生活を大切にしたり、人生にはまだ遣り残したことがあるはずです。
それをやり遂げるためにも、まだ死ぬわけにはいきません。


医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

前立腺がん名医を見つける



前立腺がん名医がいることが、治療を行ううえでどれだけ心強いかしれません。
1人で孤独な闘病生活を、完治目指してがんばるよりも、頼れる医師や医療関係者がいた方が当然未来は明るくなります。

しかし、偶然出会える医師の中で、前立腺がん名医はそう多くいるものではありません。
残念なことではありますが、それが実際のところです。
職業的にその仕事に従事している人の中でも、一流の人間はそう多くはないことは、経験的にも理解できるところでしょう。

それは医療の世界でも同じことが言えます。
なあなあの状態で毎日を送っている医師もいれば、目先の利益を最優先する悪徳病院も存在します。
また、患者のことを真剣に考えたくても、予算が立てられずに十分な施設の先行投資に踏み切れないケースもあるでしょう。
そう考えただけでも、前立腺がん名医の希少性は理解できることでしょう。

転移は前立腺がん名医と患者、双方にとって大きな関心事です。
その説明義務を果たしてもらうことは、当然に行使すべき権利でしょう。
遠慮することなく、不明点はどんどん質問しましょう。

技術や知識を磨くためには、環境が必要です。
十分な研究や検証を行うためには、経済的な保障も必要とされますし、設備もいります。
それがなくては人材流出を招くか、せっかくの金の卵が世の中に貢献できずに腐ることになります。
前立腺がん名医は優れた医療技術を通して、病人に対して、ひいては社会に対して大きな補助を与えるものです。
その育成には国が乗り出して費用を負担しても良いぐらいではないでしょうか。

毎日の実務ばかりに忙殺されて、自分の医療レベルを上げる余裕がないというのでは、長期的な視野に立った場合、その医師本人のためにも、日本のためにもなりません。
もし前立腺がん名医になれる才能を持った若者が、その能力を開花させられずに終わってしまったら、それは国家規模の損失ということになります。
いくら小手先の社会保障を整えたところで、一流の医療関係者が揃っていないようでは、効果半減です。

もちろん、容易なことではないことでしょうが、刹那的な視点ではなく、10年以上の規模を見通して、特別な専門領域を誇る前立腺がん名医を育成していくことが、今後の豊かな高齢化社会には求められています。
医師免許という国家資格に甘えてしまっているのか、毎日切磋琢磨を繰り返しているかで、評価や収入額に格差が生じるのは当たり前のことです。
患者の延命や完治に対する貢献度が大きく異なる以上、同じ待遇というのは、不適切極まりないでしょう。

注意が必要なのは、前立腺がん名医はどの病気にも万能というわけではないということです。
西洋医学は細分化されて進化しており、外科や内科、精神科といった基礎的な分類はもちろんのこと、外科のなかでもさらに細分化されているのが現状です。
したがって、特定の病気に詳しいということが、他の病気のスペシャリストでもあるいことの証明にはなりません。

むしろ、分業するべきところは分業し、しかるべき医療関係者に仕事を割り振っていくというのも、一つの能力になります。
前立腺がんの名医が、ただの風邪にいつまでもかまっていたのでは、宝の持ち腐れです。
それより、類まれな技術や能力を存分に発揮できるケースを優先するべきでしょう。

もっとも、それを正確に判断するために、自分の専門分野だけに限られない幅広い医学知識が必要にはなります。
それがないと、どの担当にまわせばいい案件かということの判断がつかなくなってしまうからです。
患者にとっては、医師であるというだけでプロフェッショナルです。
前立腺がんの名医だからといって、ほかの病気のことはまるで無知というわけにはいきません。

専門領域を極めるということと、幅広い視野を持つという相反する2つの要請に応えることこそ、前立腺がん名医に義務付けられるものです。
平均的な医療技術では太刀打ちできないところを完治に導いたり、本来考えられたよりも大きな治療効果を発揮するという根本的な役割がなくなることはありません。
それは今後も一貫していえることです。

そこをどう捉えるかというのは、その人の人間性によるところが大きいのかもしれません。
ある意味では、前立腺がん名医になる適正試験のようなものかもしれません。
膨大な量の知識や技術が要求されたとき、それを義務としてマイナス思考で受け止めるか、前向きに捉えて必死に取り組むことができるかによって、その人の成長は大きく影響を受けます。

やらされているという意識では、世界に通用する人物に成長できる見込みは薄くなります。
やはり、自ら前立腺がん名医になって、世の中を変えていくんだという自覚があるかないかで、将来性は変わってきます。
ただ惰性で流されているだけで到達できるほど、一流の称号はたやすいものではありません。

我々は、命をかけて闘病生活を送ることを余儀なくされています。
いやいや仕事をしているだけの医師に、全てを任せることなどできるはずがありません。
だからこそ、前立腺がんの名医を見つける、これは重要な課題になってくるのです。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

«  | HOME |  »

目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。