前立腺がんの保険を考える



名医から告知を受けて、前立腺がんの保険について考える機会が増えました。
遠くに感じていた災難が、なぜか我が身に降りかかってから混乱するのです。
病院関係者や勧誘員の話を聞いていると、どうも他人事のような気がしてなりません。

もちろん、前立腺がんの保険を勧めている彼らも仕事でやっているだけですから、それは当然のことと言えばそれまでです。
他人の不幸はビジネスの種と割り切っている人が世の中に存在することぐらい、私だって知っています。
それでも、割り切れない思いが残るのはなぜなのでしょうか?
やはりまだ心のどこかに甘さが残っているということなのかもしれません。

人間はそう強くなれるものではありません。
だからこそ、前立腺がん保険というものが必要なのでしょう。
自分の未来に自信が持てないからこそ、リスクを分散させたがるのです。
将来に確固たる揺らぎない確信があるのであれば、ただそこにむかってまい進していけば済むはずです。

しかし、現実にはそううまくはいかないことを私達は知っています。
そこで名医ではなく前立腺がん保険に加入して安心感を買うのです。
考えても見れば、我々が支払うお金は、企業に利益をもたらすのですから、万が一のことでもない限りは、損をしているだけなのです。

ならば、なぜそんな無駄なお金を支払うのかといえば、安心がほしいということと、リスクを減らすということです。
病気になって急な出費がかさんでしまえば、生活そのものが脅かされることになりかねません。
そんなときに前立腺がん保険に加入していれば、費用負担をやわらげられることになります。
それは非合理な選択ではありません。
ある程度は、理に叶った行動であると評価できるのです。

あなたはどう考えるでしょうか?
将来起こるかもしれない不測の事態に対して、予防線を張っておくことを選ぶのか、それとも無防備でいることが良いと考えるのか?
それはすなわち、前立腺がん保険に加入するかどうかということになります。

どちらが正しくて、もう一方が間違っているということではありません。
あくまでも、人生をどう捉えるかという考え方によるものです。
たとえば、一かばちか幸運を迎えようと必死な道を歩むのであれば、前立腺がん保険は必要ないものといえます。
反対に、リスクマネジメントをしっかり行って、波風の立たない人生を送ることを望むのであれば、まったく話は異なってきます。

最近体の不調を感じるようになってきたということで、病院で検査を受けてみたところ、思わぬ病気に感染していることが発覚するということはあるものです。
そんなときに、前立腺がん保険に加入しておけばよかったと後悔することを恐れるか、支払いをためらって加入を見送るかということは、慎重かつ大胆な選択によって、自己責任で考えなくてはなりませ。。

最後は、誰のせいにもできないのです。
どれだけ美辞麗句を並べ立ててみたところで、最終責任は自分にかかってきます。
前立腺がん保険の勧誘を受けたからといって、早合点するのは問題です。
彼らもまた、それが仕事なのですから。

自らの人生に責任を持てるということは、大人の条件です。
他人に責任を押し付け、自分はまるで関与していなかったような態度を取る人もいますが、関与していなかったことそれ自体が問題なのです。
見て見ぬふりをしていることは、最善の選択ではありません。
前立腺がん保険に加入しないという選択をすることと、決定を先延ばししていることとではまったくレベルが違うのです。

転職をしないでこの仕事を一生続けていこうという人と、何となく今の仕事を続けているだけの人とでは、熱意がまるで異なるのと同じ事です。
退職届の書き方が分からずに同じ会社に漫然と在籍している社員と、漠然と前立腺がん保険についての決定を下さないでいる人とは、似ているのかもしれません。

幼い頃には、死など程遠いものでした。
それが社会人になってから徐々に変わっていき、いつのまにか身近なものになっています。
病気を通し、いつからかこんなにも死をはっきりと意識するようになっている自分に、驚きを隠せません。
華やかな遊戯がいくらでもある現世で、なぜこんなにも辛気臭い気持ちを抱えていなければいけないのか、憤る日もあります。
しかし、それすらも我が身に降りかかった災厄として、真正面から受け止めるのが大人の対応ではないでしょうか?

そのための備えとして、あらかじめ前立腺がん保険に加入しておくというのも、一つの方法です。
ただ、本質的に重要なのはそこではなく、自分が背筋をまっすぐに伸ばして、誰にも引け目なく生活していけるかどうかということです。
暮らしを送るのに、どこか情けない思いを抱いているのか、自身を持っていられるかは人生を大きく変えていきます。

誰しもが、長生きすれば病気を経験します。
それは生物をして、避けることのできない運命です。
それを踏まえた上で、治療を名医に受けるかや前立腺がん保険に加入するかという選択が存在します。
後悔しないのはどちらかというのが、一つの着眼点でしょう。

何よりも大切なことは、胸を張ってそれまでの生活を肯定できるかどうかということです。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

«  | HOME |  »

目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。