前立腺がん名医を主治医に



主治医が前立腺がん名医であれば、生存率は当然に上がります。
診断が正確であれば、その後の対策を練るのに大きく貢献しますし、治療にしても手術や抗がん剤の投薬治療といった基本的なものだけではなく、自然療法や最先端医療といったものも選択肢に入ってきます。

それだけに、生存率は主治医に前立腺がん名医を迎えられるかどうかに大きく左右されるのです。
患者だって、好きで病気にかかっているのではありません。
完治を理想として病院にかよっているのですし、たとえ完治が望めないところまで病状が進行してしまっているとしても、延命を望んで通院している以上、それに答えられるだけの力量を持った医師を探し出す必要があります。

医師なら誰でもいいという投げやりな態度では、いずれ後悔することになりかねません。
もっと早くに主治医を前立腺がん名医に頼んでおけばと悔やんだところで、すでに病状が進行して手遅れになってしまうことだってあります。
先手を打つということは、闘病生活において欠かすことのできない重大な問題です。

放置は大抵の場合悪い結果を生み出します。
症状は進行し、ますます完治から遠ざかる以上、早期に前立腺がん名医である主治医の元で、治療を進めることは必須のものになります。
たまっていった負の遺産は利息がついてやがて収拾のつかないものになります。
しかもその利息は複利となり、手元資金の少ない中で組んだ住宅ローンのように元本はろくに減らないで、ひたすら利息分を返済しているだけという悪循環に陥ることになります。

先に元本を返済しておけば、その後の利息も少なくて済んだのに、それを怠った結果、支払い総額が膨れ上がってしまうように、病気でも早期の対策をとらなければ、後から取り返すのは困難になってきます。
悪化してから主治医に前立腺がん名医を迎えるより、早期の段階で治療を開始する方が賢い選択です。
それでも、努力で取り返せるのならまだ幸運です。

ひどければ、手のつけようがないと見放されてしまうことだってあるのです。
そんな悲劇を防ぐ手立てとしては、未来を予測しそれを行動に移すということのほかにはないのではないでしょうか?
いくら主治医が前立腺がん名医であっても、1人に患者だけを診ているわけではありません。
患者が医者の助言や指示に従っていないことは、いちいち医師も感知していられません。

必死で努力して生きるも、漠然と人生を送っているのもその人の自由です。
誰にも束縛できませんし、命令するような筋合いのものでもありません。
ただし、数少ない前立腺がん名医を主治医にするのであれば、やはり切実な願いを抱えている人にして欲しいものです。
社会全体から考えても、貴重な人材なのですから、遊び半分で時間を拘束するのは止めてほしいものです。

献身的で人生のすべてを患者の治療に捧げることを医師に求めるつもりはありませんし、病院と患者の間に優劣をつけることに意味があるとも思えません。
理想的なのは、闘病生活を送る共同体として活動していけることではないでしょうか。
どちらかが上で、もう一方が下という関係では、ほころびが生じてしまうことは避けられません。

しかし、子供時代と違って利害関係なしの仲間を作るということは、この数十年とても難しいことになっています。
どこかで仕事とつながっていたり、何がしかの利害につながっていたりするので付き合っていることというのは少なくありませんが、できれば主治医である前立腺がん名医には下手に上下関係を意識せず、思い切って腹を割って話せる関係であることが必要です。

社会に出て長くなると、取引先や同僚と一定以上の距離を取るのが本能のように身にしみてしまいますし、突然その距離を無視するのは戸惑いを覚えるかもしれません。
しかし、闘病生活には様々な試練やストレスが付き物です。
そんな時、頼れる前立腺がん名医である主治医に全てを打ち明けることができれば、鬼に金棒です。

孤独な戦いには限界があるということは、いずれわかることですが、それでも諦めるわけにはいきません。
たとえ辛くても闘病生活は続きます。
手術を前にして同様が続く時期、主治医の前立腺がん名医にその思いを打ち明ければ、相手だってそういった相談は過去に散々持ちかけられているのですから、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

窓を開けて空を見上げただけで、天気が憂鬱を運んでくることもあります。
それは患者として特有の気持ちというわけではありませんが、深刻な悩みを抱える者としては避けられないものです。
安心感を与えてくれる存在として、前立腺がん名医が主治医になってくれた以上、こちらも誠心誠意を尽くして心の内を吐露することが礼儀ではないでしょうか?

病院というのは、一見すると無機質な建物に見えます。
毎日生死の境をさまよう患者の闘病生活が行われ、その現場を医師や看護士といった医療関係者が取り囲んでいる空間では、生き死にに一喜一憂していられないという事情があります。
そんな冷たくも感じる病院に血を通わせるのもまた、一人の人間である前立腺がん名医です。
他人の痛みに敏感であり、共感することができる彼らだからこそ、患者はもっと心を開いていくことで闘病生活に好ましい影響をもたらすことができることでしょう。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

«  | HOME |  »

目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。